起業する人必見!起業支援サービスの活用法

>

流れを理解しよう

創業融資を得る難しさ

会社を新しく作る場合には数百万あるいはそれ以上のお金がかかるため、よっぽどの資産家でない限り融資に頼ることとなります。
会社を起業する際に金融機関などから受ける融資を創業融資と呼びますが、これを獲得するには専門家の助力が必要です。

まず事業者は事業計画書というものを作り、会社の事業内容を文書にあらわします。
そのうえで融資を申し込んだ後、金融機関との面談がもうけられます。
金融機関は書面、口頭で事業計画を確認した後、実地調査を行います。
これらをクリアして初めて、融資が得られることとなるのです。

ここで事業者は金融のプロと交渉するわけですから、そういった経験のない事業者が自力で創業融資を獲得することは難しくなってくるでしょう。

サービスの中身とは?

創業融資の一連の手続きをクリアするために、専門家たちのサポートによる起業支援サービスは大きな助けとなります。

まずは事業計画書のサポートを行います。
この書類で会社の将来性をはっきり打ち出すことが重要であり、経営全般、損益、資金繰りといった内容を明確にしながら、最良の事業計画書の作成を手伝います。

また事業者が金融機関の人と面談するにあたって、その面談練習を行います。
プロの担当者に、会社のヴィジョンをしっかり伝え、将来性や信頼性の持てる会社像をアピールすることができるよう指導していきます。
面談当日には担当の専門家も立ち会いながら、融資獲得が成功するようにサポートしていくのです。

このように起業支援サービスを利用することで、会社設立に向けて手厚いサポートを受けることができるのです。


この記事をシェアする