起業する人必見!起業支援サービスの活用法

>

夢をかなえるためのハードル

士業を持つ人の活躍

まず会社を設立する際には莫大な資金が必要です。
確かに1円からでも創業できるのが現状ではありますが、一般的には200から300万円ぐらいが資本金として適当だといわれています。
この中には手続き費用や事務に使うオフィス、設備にかかる費用であったり、一定期間会社を操業するための運転資金などが含まれています。

誰でも最初はお金を持っていません。
ですから創業融資などを利用して資金調達をする人もかなりいます。
しかし自ら金融機関と交渉して融資を得ようとすることはかなり大変といえるでしょう。
融資を受けるためには厳しいチェックがあり、そのチェック項目を満たした書類を作成することが必要となります。
また融資が受けられたとしても、それが有利なものか不利なものかは今後の会社運営に大きくかかわります。
そのようなとき、公認会計士や税理士といったお金の専門家が活躍するのです。

欠かせない専門家の視点

会社設立の際に専門家に依頼することには様々なメリットがあります。
なんといっても多くの経験を積んでいることから、どうすればうまくいくか、効果が高まるかといったノウハウをたくさん持っています。
自力で法律や条例などの知識を覚えこんだとしても、実践でどう役立てるかといったことは実際にやってみないとわかりません。

またそれに加え、新しい知識を多く持っているということも専門家のアドヴァンテージの一つです。
専門に深く精通していることで、法改正などにも柔軟に対応でき、今後どのようにすればよいかという的確な予測を立てることができます。

税制改正は割と頻繁に行われるため、変わるごとに新しい知識を得なければいけません。
会社を運営しながら税制のことを気にするよりも、専門家に委託してしまったほうが、負担が軽減されるばかりでなく、税制を効果的に利用することも可能になるのではないでしょうか。


この記事をシェアする